初めての方へ

心が苦しい。人が大嫌い。自分が望む人間関係なんて、つくれるはずがない!そう思って、過ごしてきた20数年間。

初めまして。RelationShift㈱取締役・プロセッション士の西勝ミマキです。
ホームページにご訪問頂きありがとうございます。

私は、物心つく頃から、「クラスの友達と上手く友達になれない自分」を強烈に自覚していました。両親をはじめ、周囲はそう思っていなかったようですが・・・
その自分の思う自分と、周囲が思う自分が全く違うことにも、とても違和感を感じていました。

周囲に馴染めない自分と、そんな違和感を埋めようと、勉強を頑張ってみたり、生徒会をやってみたり、部活を頑張ってみたりしながら、友達との関係をつくろうとするのですが、どう頑張っても上手く行かず、友達とは益々、距離を感じ、違和感はつのるばかり。どうして、こんなに私はだめなんだろうと、こころはどんどん苦しくなっていきました。

そして、摂食障害・いじめ、自殺企図・自殺願望、アルコール依存、買い物依存。止まることのない自己否定。薄れるどころかどんどん濃くなるだめな自分。人と上手くやれない自分。
そんな自分を自覚しながら、生きていかなくてはならない。人と関わらなくてはならない。。。20代後半になる頃には、生きることに心底疲れ果てていました。

そんな風に心底、生きる事にも人間関係にも疲れ果てていた私ですが、同時に、だからといって、たった一人では生きていけないこと・たった一人で生きていけると思うのはおこがましいことも、痛感していました。

どういう事かというと、とても、極端な発想に聞こえるかもしれませんが、コーヒー1杯を飲むにも、多くの人の支えや仕事、その人の存在があって、自分が生かされいるから、人とまったく関わらずに、一人の力では何もしていないということです。

疲れるという理由で、すべての関係性を切って、一人で生きるということは、不可能であると。
そして、だからといって、では、死ねるのか?というと、両親の顔を思い浮かべると、死ぬ事も出来ない。そんな状態でした。

人生に絶望していた私が、心が解放され、人間関係を作るのが楽しくなっちゃった理由。

とことん思い悩み、結局は、誰かと関わわなければ生きていけない中で、このままの自分では、これから先の人生は苦しいだけ。それはいやだ!と強烈に思うようになりました。

どうしたら、生きる事に希望を持てるのだろう?人といることを楽しめるのだろう?いつからか、そんな疑問を持つようになり、ありとあらゆるこころに関することを貪るように勉強をはじめました。

ですが、何を勉強しても、一向に、こころの苦しみは解放されず、むしろ、やればやるほど、逆に、こころの苦しさの輪郭ははっきりとしていきました。

約2年程、そういった勉強をし続けましたが、全く変化しない自分に疲れ果て、

「もう、こういった追求はやめよう」

そう思いはじめていた矢先に、衝撃的な出会いがありました。

その出会いによって、今まで悩んでいたこころの苦しみがきれいに「消える」瞬間を経験したのです。

今までは、こころが苦しい状態を楽しい状態に「変えよう」!!!としていたのですが、まさか、こころが苦しい状態が「消える」!!!
そんな方法があるとは、本当に衝撃的でした。

そんなに違いがないように聞こえるかもしれませんが、「変えよう」とする事と、「消える」ということは、全く違うのです。

そして、今まで何をやっても、変わった気がしない・・・私がそう感じていた原因は、「観点」「関係性」が大きく関わっていたことを気づきました。

継続する苦しみを越える、関係性の重要性

しかし、その消えた瞬間は、長続きせず、また、苦しむという過程を辿るのですが、それは、まさにダイエットに似ていました。痩せるには、時間もかかり、ダイエットに効果があるとされることを始めなければなりません。更に、そのからだの状態を保つには、習慣の変化が必要です。一時的に食事量を減らしたり、運動量を増やしても、太っていたときの習慣に戻れは、リバウンドしてしまいます。

それと同じように、こころが苦しい状態を変えるには、今までとは違う習慣を持ち、継続する必要がありました。そこを理解していなかった私のこころは、苦しさにリバウントしている状態でした。

よって、それからは、「こころが苦しまない習慣」を身につけるべく、日々の奮闘が始まります。その時に感じたのが、「関係性」の重要性です。今までの私は、一人でこころが苦しい自分をなんとかしようと思っていました。

ですが、そこもダイエットに似ている部分があり、一人で継続しようとしてもとても難しい事は、多くの人が経験があると思います。しかしそこで、「誰かと一緒にやる」事で、めげそうになっても、支え合い、一人でなんとかしようとするより、継続することが格段と容易になり、習慣化を自然と出来るようになっていったのです。

習慣化をしていく中で、人や人間関係に対して、今まで思いつくことができなかったイメージが自然と湧くようになり、人や人間関係に対してのイメージが変化してきました。

その過程で、現在の夫と出会い、結婚し、更には、妊娠・出産するに至り、仕事観・人生観までも変化し、この「こころの苦しさを消し、新しいイメージを自らが作り出す事ができる技術」を多くの人に知ってほしいと思うようになり、現在に至ります。

とにかく、寝ても覚めてもこころが苦しく、人が嫌いで、人間関係を作っている暇さえなかった私が、こうして、夫婦関係・親子関係を自分から作ることができ、世間から見たら安定した職業にもつける資格があるにも関わらず、今の仕事を継続出来ているのは、もともと持っていたイメージをまず、消すことができたからです。そして、今までになかったイメージを自らが構築出来るようになったおかげなのです。

夫婦や親子は一人でなることはできません。もちろん、仕事も一人では出来ません。必ず、誰かとの「関係性」があります。しかし、身近にありすぎて、目で捉えられないため、なかなか重要視されることがなく、改めて考える事は、どうにも目の前の事が立ち行かなくなったときにしか、考えない人が多いように思います。

そして、多くの人は、お金や地位や名誉が人生において、最も影響があると思っているでしょう。ですが、私は、この経験を通して、お金や地位や名誉より見えない「関係性」が大きな影響力があるということを、習慣化を通して実感できました。

私たちが提供しているセッションでは、「観点」「関係性」をキーワードに、「変える」前に、「消す」という過程を経て、「自らが人生をつくる」=「人生を変えていく」という継続性を持ったものです。

魔法がかかったように、人生を変える事は出来ませんが根本からじわじわと変わってきたなと実感できるものです。
自分の人生のハンドルを自分で握り、人生を変えてみたい!という方は、まずは無料でメール講座をプレゼントしていますので、ご一読くださいね。

関連コンテンツ