摂食障害を克服してからの葛藤と現在。

摂食障害克服の道のり。

こんにちわ!

社会人2年目の6月。
私は、めでたく摂食障害ではなくなりました。

その後、私は、「病気」というものに振り回されず、
自分らしく生き、幸せになったのか?

****

※ここからはあくまでも持論で、私の経験に基づています。

残念ながら私の場合は、答えは「NO」です。

気分の浮き沈み、感情の起伏は主観的には、増幅していく感覚。
本音を誰にも言えなくなり、
仕事に行けば、目の前には、
病気で苦しむ人。

助けることも出来ない。

私は、病気ではなくなったのに・・・

「病気」ってなんだろう?

病気が治る人と治らない人の違いってなんだろう?

苦しみってなんだろう?

「なんで、病気は治ったはずなのに、こんなに気分の浮き沈みが激しいんだろう?」

「摂食障害でなくなっても、相変わらず、人に合わせるのは苦手で変わらない」

「やっぱり、私は、何も出来ない、いらない人間なんだ・・・」

疑問や自己否定感ばかりが増え、答えがでない日々。

******

そんな状態が続き、1年半後、私は、今度は、精神的に追い詰められただけでなく、からだも壊しました。

病院に行くこと、患者様の事を考えるだけで、
呼吸が苦しくなる
勝手に涙が溢れてくる
脈が速くなる
振るえる
めまいがする
叫びたくなる

そうして、働ける状態ではなくなりました。

そこから、半年。
引きこもり生活。

「どうして、こんなに社会に適応出来ないんだろう」とまた、もんもんと考えながら、答えが出ない日々。

そんな日々が、そこからさらに約3年続きました。

********

それでも、悩み抜けば、光も見えてくる。
「悩みすぎて、自分で自分を壊している」

いつからか、私は、そう自分の事を思うようになりました。

そこからは、自分に投げかける疑問が変化し、

「自分らしく、生まれてきた使命を果たし、幸せに生きるにはどうすれば良いのか?」

「私は何をして時間を使ったら良いのか?」

「一人の人間として、限りある「命」の時間をどう使いたいのか?」

その疑問に答えが出た時、私は、独立し、幸せな人生を送るを決意しました。

*******

幸せも苦しみも、

目の前の誰かに感じさせてもらうものではなく

自分自身が感じるものだと私は思っています。

「幸せ」に生きるのか「苦しみ」に生きるのか。

自分で選択し、責任を持ち、人は生きられる。

そう考えられるようになったのは、

幸せに生きるために、

今までは、変えられないところを必死に変えようとしていて、

本来、変えらるところを変えられないと思い込み

見落としていたからということに気づいたから。

あなたも、今、必死に生きていると思います。

だからこそ、

伝えたいのは、

本来、変えられるところがどこかを知り、

ご自身で選択し、自分の人生に責任を取れば、

今まで絶対変えられないと思っていたことに

変化が起きる可能性をあなたも秘めている。

そんなあなたの可能性が開いてくことを楽しみに。

*********

今まで経験したすべての出来事、出会った人に感謝を込めて。

今回で、私のストーリーは完結です。
何か少しでも、あなたの人生に希望の光を差すことが出来ていたなら、幸いです。

あなたの人間関係力が診断できます

5-10分の質問に答えるだけで、あなたの人間関係の傾向が分かります。

人間関係力診断に答えてくだされば、後日診断書をメールにてお送りします。

診断はこちら

 

LINE@はじめました!

更新記事や最新情報はLINE@で確認できます!まずは気軽に相談したい方もこちらから。

友だち追加

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA