こころのお掃除屋。人は、たくさんの事を経験するうちに、無意識的に、たくさんこころに傷を負っている。

こころの傷って、なんだろう。掃除と絡めて例えたみた。

こんにちわ。

最近、読んだ漫画でとてもヒットしたものがあったので。
表向きは掃除屋さんなんだけど、
裏では、こころの中の無意識の掃除をするってやつで。

なんだか、とても、共感したし、
これ、仕事でやっている事だなーと思ったので。

人は、知らず知らずに、
人と比較して、
自分は価値のないやつだって思ったり、
一生懸命やっていた事が、
うまくいかなくなって挫折したり、
自分の見た目や地位しかみてくれなくて、
本当の自分を誰も見てくれない事に、
絶望していたり・・

人知れず、
自分知れず・・・

傷ついて、
むくむく嫌な自分が育っていく。

そんな風になりたくないのに。
なっていく。
そして、気づいたら、
知らず知らず、
また、自分を傷つけて、相手を傷つけてって、
繰り返している。

そうやって、
どんどん、傷は増えていってしまう。
排水溝の中が汚れるように、
いつの間にかある、部屋のほこりのように。

そんなこころのほこりを掃除すると、誰でも変われる!

そうやって、
無意識的に溜まっていっている
こころのほこり。

誰でも、掃除をすればきれいになるから、
自分にも人にも、
自然と無理なく優しくなれてくる。

また、汚れが付いちゃった時は、
暴走したりもするけど、
一度、掃除の仕方を覚えれば、
自分でも、
こころの掃除が出来るようになってくる。

それには、
知らなければならない事がたくさんあって、
大きくいえば、人間の争いの歴史や、
人間の永遠のテーマ。生老病死。
人間が誰でも持っている脳の機能。

身近でいえば、家族との関係性とか、
小さい頃のトラウマとか。

それらを知った上で、
ようやく解放される世界があって、

それらを知った上で、
今までのこころの傷を癒していく。

無意識にいっぱい描かざるおえなかった、
こころの傷をお掃除する。
消しゴムで消すように綺麗に。

それを綺麗に掃除して、
消した先には、
新たな世界が見えて来る。
今までこころに傷を負いすぎて、
見る事ができなかった、
もう一つの世界。

部屋もね、
掃除をしたら、見違えるようになるように、
こころも掃除すると現実は見違えるものになる。

見えたらね、いやでも人生変わっちゃうよ!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA