死ぬことを考えることは、実は、生きること。

常に、死ぬことを考えてしまうあなた。もう、苦しまなくて大丈夫

こんにちわ。

私、昔は、
本当に、死ぬことばかり考えていて、
でも、
親の顔が浮かんで、
死ねない。

これが、
本当に苦しかった。

死にたいのに、死にきれない。

でも、
ふと思ったの。
死にたいって言っているけど、
本当に明日死ぬって決まっていたら、
本当に後悔しない?って。
自分に聞いてみた。

そしたら、
ちょっと、
びくっとして。
あぁ、本当に死ぬってなったら、
私、嫌だって思うんだって。

別に、
何か叶えたい夢があるわけじゃない。
長生きしたいわけでもない。
でも、怖いんだなって思って。

そこから、自分に聞く問いが変わってきたんです。

質問の質が人生を変える!

今までは、
どうやって、人に迷惑かけずに死のうかみたいなことばっかり考えて。
無理なんだけど。
生きてても、死んでも、
そこに在るって、
何かしらの、影響を周囲にもたらしていて。
本当にそれが嫌だった。
存在すると、そのスペースの幅をとること。
もう、それ自体が嫌で嫌で、
消えたい、消えたい、消えたい・・・って念仏のように唱えるのが日課でした。

それが、
このことをきっかけに、
毎日、寝る前に、もし、明日、本当に死んでも後悔がない1日だったか?と聞くんです。

すると、答えがnoと返ってくる。
私にも、生きていたい、存在していたいって、
気持ち、まだあるんだなって、
確認する。

そこから、
後悔しないように毎日するには、
どうしたらいい?って、
どんどん疑問が変化して、
今日も、後悔なく過ごせたなよかった。
とか、
ここはもう少しやりたいから、明日にがんばろうとか、
ちょーーー後ろ向きだった思考が、前を向き始めたんです。

特段、
何か、現実的に状況が変化したわけではないけれど、
私にとっては、
大きな心の変化でした。

そうすると不思議。

出会う人が変わったり、
前から付き合う人との関係性も変わったり・・
あとから、現実に変化が起こるようになりました。

死にたいと思っている人ほど、
本当は、生きたい!って、
こころの叫びが、
自分では気付かないところに眠っているのだと思います。
どうか、その声に気付いてあげてくださいね。

わたしは、目の前に死を置いて生きることが、本当の意味で毎日を瞬間瞬間を生きることだと、思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA